ブログ&お知らせ

Monthly Archives: 2015年2月

ナーレイと一緒に遠鉄百貨店で踊るイベントツアー

1003<ナーレイと一緒に遠鉄百貨店で踊るイベントツアー>1003

 

ただいまお申込み受付中です!!

 
03 日 程:8月1日(土)~8月2日(日) 1泊2日 ※日帰りもOK
出演日:8月2日(日)
場 所:浜松・遠鉄百貨店
 

point020_07ナーレイ先生とご参加される皆さんと一緒に踊ります。
point020_07宿泊費、交通費などは各自の負担です。
point020_07ナーレイ先生のワークショップも開催されますよ~~~!

 
1003お申込みは大井町本校スタジオまで point013_0703-3774-03611003

ナーレイ麗子1日体験フラ・ワークレッスン

1003<ナーレイ麗子1日体験フラ・ワークレッスン>1003

 

ただいまお申込み受付中です!!

 
  03 開催日:5月24日(日)
場 所:大井町本校スタジオ
料 金:10,000円(昼食付)
 

~まる1日古典フラ~アウアナまで、皆さんと昼食を食べながら楽しくレッスンします。

046スケジュール046
10:00~11:00 ベーシックレッスン
11:00~12:00 オリタイム
12:00~12:30 昼食タイム(サンドイッチ)
(30分間)
12:30~14:30 古典フラ・カヒコ ♪Kapili Likelike
(2時間) point020_07この曲はリリウオカラニ女王によって書かれた曲。イプヘケのリズムで踊ります。
14:45~16:15 現代フラ・アウアナ ♪E O Mai
(1時間30分) point020_07ナタリーアイカマウCD使用(オーケストラ盤)
16:15~16:45 撮影タイム
(30分間) point020_07ご自分の踊りやナーレイを撮ってもOKです。
17:00終了
 

1003お申込みは大井町本校スタジオまで point013_0703-3774-03611003

お引越し

先週は17日18日19日と3日間お休みを頂き、すみませんでした。
なんとか無事引っ越しも出来、これからは大田区の住人になりました。

17日は、マンションの部屋には布団(2組)しか残っていないがらんとした部屋に、子供と川の字で2枚の
布団で寝ましたzzz02
なんだかみんなでくっついて寝るのもいいものでした。ウヒ706762

17日、何もかもトラックに運んで、がらんとした部屋を見ていて
あ~夜景がキレイだったな~155(もうカーテンがないので)
この部屋もいろいろ思い出があったな~155
などと、子供といろいろ話しておりました。

18日朝より神田に用事があるため、6時に起床し10時30分には戻り、早速18日には新しいマンションに・・・。
あまりのダンボールの多さに、あ~この3日間で何とかしなくちゃと思い、夜中4時30分頃まで片付けを
していました。
疲れがもの凄く襲い、3人ともお風呂にも入らず、まともな布団にも寝れず、疲れの極致に・・・。

あ~!19日に残りを全部やらなくちゃ・・・と思い、気持ちを奮い立たせました。
2日間は森本さんと大滝さんにお手伝いをしてもらったのですが、それでも森本さんは仕事があるし
大滝さんも疲れているので、可愛そうで見てられませんでした。
なので、19日は家族だけで「やることいっぱいあるぞ~!」と張り切っていたのですが
高い所の物を取るために、私、車輪が付いているイスの上に乗り、イスから落ち、救急車でhospital運ばれる事に
なってしまいました。
子供が言うには、私が頭を打ったので、訳の分からないことを言ったそうで(脳震盪をおこし、一瞬
おかしなことを言ったみたいで・・・)子供は2人とも泣いているし、本当に心配をかけてしまいました。
そのあとMRIやレントゲンなど検査をしてもらい、何もなく一安心。
そんなことで19日は潰れて何も出来なかったんです。
とにかく疲れました。
まだマンションのベランダにはダンボールが山積みですaicon364
しばらくはまだ慣れるまで時間がかかりそうです。

22日、入門・初級・中級クラスの方々の合同レッスンを大田区民センターの広い所で行いました。
入門・初級・中級クラスとは言っても、もう何回もナーレイのレッスンを受けている方々なので
レベルはもの凄く高くて、それぞれのクラスもフォーメーションも難しい物が付いています。
上級クラスにも負けないぐらいです181936
皆さん!楽しみにして下さい。

 
point020_07point020_07point020_07 お知らせ point020_07point020_07point020_07
112 ①ナーレイ麗子1日体験フラ・ワークレッスン(大井町)
②ナーレイと一緒に遠鉄百貨店で踊るイベントツアー(浜松)
③第4回・伊達なHula Festa(仙台)
みんな待ってるよぉ~~~155
ナーレイ222223
 

バレンタインコンサート第2弾

2月1日メルパルクホールで開催されたヤスダバレンタインコンサートより
DSC_0198 - コピー 1003
DSC_0193 DSC_0199 - コピー
<ウエルドンさんと・・・> 1003 1003
 

生徒さんからのお礼メール第2弾です。

~月1クラス渡辺麻衣子さんのmail5です~

こんにちは。
先日は素敵な舞台に立たせて頂き、ありがとうございました。
ここ数日、力が抜けたような、本当にケアリーさんの生歌で踊っていたのだろうか・・・と、
夢の中にいるようでした。
8ヶ月前、ナーレイ先生と一緒の舞台に立てることを初めて聞いた日、とても驚き、とても興奮し
夜も眠れませんでした。
いざメレアカプーバイの特別レッスンが始まり、練習を重ねるたび
「私だけ踊れていない・・・」「一緒に踊っていいのだろうか・・・」
と不安な気持ちが大きくなっていきました。
でも以前、ナーレイ先生とワヒネの村上さん、古瀬村さん、大島さん、関根さんと一緒に踊られた舞台を
見た時、とても感動し「いつかは私も一緒の舞台に立つことが出来たら最高だな。夢のまた夢だな。」と
思っていました。
そんな憧れの舞台を思い出し、夢を諦めるより、思いきりやってみたいという気持ちが、私を前に
進ませてくれました。

そんな中、特別にワヒネのレッスンに参加することを許可し、レッスンをしてくださったナーレイ先生、
また、暖かく迎えてくれたワヒネの皆さん、時には叱咤激励してくれる仲間がいて、ここまでこれたのだ
と思います。
本当に感謝しています。

そして舞台当日は、ナーレイ先生の真後ろでポイントし、舞台の光が照らされた瞬間、今までにない気持ち
を味わいました。
いつもは前にも後ろにもたくさんの仲間がいて、お客さんの顔もはっきりと見えたのに、舞台には
ナーレイ先生の姿と眩しい光だけに照らされて、なんだか”輝くナーレイ先生の舞台を真後ろで一人で見て
いる“感覚に襲われました。
私はレッスンを受けている時から、ナーレイ先生の後ろ姿に魅せられていたのだと思います。いつも間にか
不安な気持ちより「ナーレイ先生の近くでもっとうまくなりたい」「ここでいつまでも踊っていたい」と
思う気持ちが強くなっていました。
曲が始まると、私はナーレイ先生やみんなと踊れることがとても幸せだと思う気持ちを溢れる笑顔に変えて
見ているお客様に伝えようと動いたことだけ覚えています。

私は、舞台もそうですが、何よりもレッスンもキラキラとした素敵な思い出なんです。
本当にこんな素晴らしい機会を与えてくださり、ありがとうございました。
また、ナーレイ先生のソロの舞台を見させて頂いきありがとうございました。
大島さんと古瀬村さんと一緒に見たあとに、発する言葉が見つからなかったんです。
言葉なんて薄っぺらく感じてしまうほど重く心にズシッと残るものがあって、実はしばらく楽屋に入ることが
出来ず、廊下に立ち尽くしていました。

まだまだ私は人に何かを伝えられるフラをすることは出来ませんが、これからももっともっと気持ちが伝わる
ように、レッスンを頑張りたいと思います。
これからもよろしくお願い致します。
本当に本当にありがとうございました。106

 
DSC_0202 DSC_0196
<舞台の楽屋は生花のあま~い香りでいっぱいに・・・>
 

head011_08

衝突を恐れるな

私達が不本意ながらも相手にゆずってしまうのは、相手と衝突することを恐れているから。
しかし、衝突することを恐れていたのでは、他人と親しくなることが出来ない。
人間はお互いにかなり親しくなっても、お互いを完全には理解し合っているものではない。
理解しているつもりでも誤解していることもある。
そして、衝突することを恐れていると、その誤解が解けないまま関係が維持されることになる。

相手のやることで何か不愉快なことがあった時、もし本気で親しくなろうとすれば、それは
はっきり言う方がいいだろう。
相手は不愉快だと言われて初めて、”なぜ自分はそれをしたか”という説明が出来る。
その説明によって相手をより深く知ることが出来るし、もしかしたら、自分が相手を誤解していた
のかもしれない。不愉快に感じつつ黙っていれば、お互いの理解は深まらない。

人間はケンカしながら仲良くなっていくというところがある。
相手を傷つけるのが恐くて何もはっきりと言えない、という人は大抵自分のことしか考えていない。
正確に言えば、相手を傷つけることによって自分が嫌われるのが恐いということになる。
本気で相手のことを考えている時は、相手が傷つくということを承知でも言うことは言うもの。
相手を傷つけるということをあまりにも恐れている人は、実は心の底に憎しみを抑圧している。
人間は自然の感情を抑えて生きているからこそ、いつの間にか自分の本音は「相手の心を傷つける
のではないか」と思うようになってしまう。
そして自然の感情を抑えているうちに、人間憎悪を心の底にべったりとはびこらせるようになるので
本当に本音は他人を傷つけるようなものになってしまう。
相手の行為が不愉快な時に「不愉快だ」と言えるのは、相手との関係にかけてみようという
姿勢があるからである。
もしそう言ってダメになる関係ならダメになっても仕方ない。
そうした潔さがあって初めて、相手にはっきりと「不愉快だ」と言えるのではないだろうか。
本当のものでないのならいらない
そうした姿勢があって初めて、相手にはっきりと不愉快だと言える。
相手との関係にしがみつこうとなったら不愉快なことでも我慢してしまう。
神経症的な人は傷つきやすいから、一言一言に気を使う人と付き合うようになる。
はっきりと色々のことを言う人とは付き合えない。
いつも神経症的自尊心が傷ついていなければならないからである。
ということは、神経症的な人は基本的に他人と親密になる能力のある人を避け、親密になる能力のない人と
付き合っていたら、他人と親密になれないのは当たり前である。
心から相手を信頼出来ていればこそ、たとえ嫌なことでも相手に対してはっきりとものが言えるのである。
この点は忘れてはならない。

head011_08

point009_07最近、特に生徒さん同士のトラブルが続いています。
何故こんなことになるかと言うと
周りの方に対して優しさや心の広さ、常に謙虚な心が無くなっているから。
今一度、自分の胸に聞いてみて!!

I Ka ‘Olelo no Ke ola i Ka ‘Olelo no Ka make
言葉は人を生かすこともできるし、人を殺すこともできる。

言葉には、その人の魂が入っているんだね。
人に対しては優しく!
人を傷つける言葉はダメです。   ナーレイ222223

バレンタインの舞台お疲れ様でした!

046ナーレイです。
2015年2月1日、ヤスダインターナショナルさんの舞台バレンタインを無事に終えることが出来てCIMG1002
本当に皆さんお疲れ様でした。
初めてケアリィレイシェルさん、そして、いつもステキなナタリーさん方々に歌っていただき
とても幸せな時間を過ごさせていただきました。

これまで一生懸命に頑張った生徒の皆さん155
キレイに踊ってくれてありがとう155
キラキラな笑顔kira01だったよ。

038『カヴァイナヘナヘ』は、特にテンポをスローに変えて
レッスンしていたので、大人な優しさが出ていてCIMG1004
ドレスやナタリーさんの歌声と合ってて
もの凄く良かったよ207361
クウプアマエオレより断然上かも!

生花とてもキレイだったね。
今回は全員自分たちで生花付けしたにもかかわらず、
すごく楽しく、いい香りで幸せだったね。
大変だったけれど、とてもいい経験を
させていただきました。

ケアリィレイシェルさんが038『メレアカプーヴァイ』のDSC_0245 - コピー
リハーサル時に「この振りはジョイ先生の振りだ」と
言ってらしたのが嬉しかったです。

ナーレイソロでナタリーさんが
「キレイに踊ってくれてありがとう」と言って下さり
舞台上でハグして下さり、とてもあったかくて幸せでした59726

本当に皆さんお疲れ様でした。
来て下さった方々、本当にありがとうございました。
k-neko-chuDSC_0256 - コピー

CIMG1016DSC_0247
今回はワヒネクラス佐藤あやさんのメールがあまりにも良かったので、ごめんね!のせちゃいます。046
head011_08

ナーレイ先生
ワヒネ土曜クラス佐藤です。
素敵な舞台に立つチャンスをつくっていただき、本当にありがとうございました。
長丁場の1日でしたが、本当に素敵な思い出が自分の人生に加わりました。

場当たり、ケアリーさんとの音合わせを経て、本番では緊張と興奮で不思議な気持ちでした。
いつも通勤電車の中で聴いているケアリーさん本人が、数メートル以内で演奏してくれている!!
そのことは、とても幸せで二度とないチャンスかもしれないと思った反面、自分がどんな気持ち
だったのか、何を考えていたのか、とても曖昧な記憶となってしまっています。
何度か舞台を経験させていただいてきましたが、こんなことは初めてです。
それほど無心だったのか、緊張にかき消されてしまったのか・・・唯一はっきり覚えているのは
この上ない震えを感じたことです。
指の先、口元、膝などが舞台に立って照明を浴びた時から、終始おさまらなかったです。
でも、これまでやってきた練習を信じて、自分のできることをやるしかないと思いました。
実際、踊りはじめて・・・ところどころ頭が真っ白になる時が何度かありました。
ふわふわした雲の上に立っているような感覚で、次は何番だっけ?次のフリは何だっけ?と
不安な気持ちがよぎって、案の定、一度振りを間違えてしまった箇所がありました。
体にあれだけ叩き込んだはずなのに、感情に乱されて練習の成果が発揮できず、メンタルな部分も
乗り越えられるような練習が必要と感じました。
いつもナーレイ先生がおっしゃるように、一回一回の練習でも本番と同じ気持ちでやらなければ
意味がないんだと改めて実感しました。  ~中略~

本番の前の週の練習で、ナーレイ先生から「上手になったよ!」と言っていただけて
凄く嬉しかったんです。
これまで「佐藤さんいい感じだよ」と何度かありましたが「上手になった」の一言は、フラを始めてから
約4年・・・本当に何よりも嬉しかったです。
でも、本番の直前の金曜日「なんだよーせっかく先週上手になったかと思ったのに、なんで戻っちゃったの・・・」
と言われ、奈落の底に落ちたかのようでした。
ナーレイ先生をがっかりさせてしまった自分もすごく惨めでした。  ← え?うそ?! ナーレイ(笑)

ワヒネクラスで月一クラスさんの曲をナーレイ先生と村上さん、西さん、渡辺さんが練習する時を何度か
見させていただきました。
それで気づいたことがあります。
ナーレイ先生を真横から見ると、本当に体の芯が美しいんだなと。
もちろん正面や後ろ姿もそうなのですが、真横から見た時の背中や、ダウンした時の膝の使い方など、
すごく勉強になることがたくさんあると感じました。
ナーレイ先生の後ろ姿を見て踊れる渡辺さんが、凄く羨ましかったです。

ナーレイ先生と月一クラスとのコラボレーション、やっぱり圧巻です。
本番は見ることができないと諦めていましたが、実際見ることができて本当に嬉しかったです。
ナーレイ先生の舞台での踊りを見るのも本当に久しぶりだったので大興奮でした。
言葉にするのは凄くおこがましいですが、いつか自分もナーレイ先生と同じ舞台を踏めるようになりたい
と思いました。(究極の夢のまた夢ですが・・・)

昨日という日は、昨日のあの瞬間、あのメンバーでしか残すことの出来ない思い出です。
自分としては、緊張や失敗、笑顔あり涙ありでしたが、本当に充実した1日でした。
最後になりましたが、このような舞台に立たせていただきありがとうございました。

~ワヒネクラス佐藤あやさんのmail5より~112